埼玉県志木のファイナンシャルプランナー
梅川ひろみです。

減収の中で精いっぱいの生活防衛

バブル崩壊の後、子どもが生まれ
教育費の準備にとりかかろうという頃
不景気で減収が続いたわが家。

小さいうちは家にいて子どもと過ごす
時間を大事にしたいという思いから
外に働きに出るというより専業主婦として
「家計をしっかり守ること」でお金を
生み出そうと数字と格闘。生活費の節約
住宅ローンの繰上げや保険の見直しなど
真剣に取り組みました。

精一杯やりましたが減収は止まらず
子どもが中学に進学するのを機に外で
仕事をすることにしたのです。

専業主婦から銀行で仕事することに

仕事探しにはすこし苦労しましたが
統合が進んでいる銀行の事務センター
での仕事が決まりました。

営業事務しかしたことがなかったので
銀行での仕事に慣れるのに少々時間が
かかったものの結局、定年退職まで15年間
勤めは続きました。

ファイナンシャルプランナーは在職中に
資格を取得しました。
専業主婦時代に住宅ローンの繰上げ返済や
保険を見直した時に、担当者以外の中立公正
なアドバイスが欲しいと感じたのがきっかけ
です。

きっと
わたし以外にも担当者以外のアドバイス
が欲しいと思っている人がいるはず


と退職後、ファイナンシャルプランナー
として独立しました。

いろいろな経験を経ておもう事

他には、得意でない片づけが上手になりたいと
整理収納アドバイザーになる勉強をしたことで
片付けがお金と密接に関係していることや
夫の実家の相続で終活の大切さを実感したり。
気づく事がたくさんありました。

2016年に大切なパートナーである夫が
ガンで亡くなったことで、思いを強くした
ことがあります。

それは

「わたしの時間」の充実です。

リタイア後は同じくリタイアした夫と
一緒に過ごす生活を想定していましたが
夫が亡くなったことで自分の時間の充実
を考えました。

それはわたしだけでなく・・・

自分や夫のリタイア、子どもの独立。
それまで家族を支えることが中心
だった時間の使い方から
「わたしの時間」を充実させて
良さげにすることが必要なんじゃないか
ということです。


じぶん時間の充実させることはきっと
大切な人との時間もいきいきと過ごせる
事になると思います。

良さげなくらしになるために
ブログやライブ配信、勉強会
お金のことでは家計診断など
やっています。

【ファイナンシャルプランナー梅川ひろみ】

CFP,ファイナンシャルプランニング技能士2級(国家資格)
証券外務員二種
整理収納アドバイザー1級
終活アドバイザー

合同会社五方よしCEO